金沢有倖 新作のお知らせ

『書店であった泣ける話』 1冊1冊に込められた愛
著作者名:朝来みゆか、 新井輝、 石田空、 金沢有倖、 烏丸紫明、 楠谷佑、 澤ノ倉クナリ、 杉背よい、 遠原嘉乃、 猫屋ちゃき、 溝口智子、 迎ラミン、 はしゃ(イラスト)
書籍:792円
電子版:792円
発売日:2020年06月10日
詳細はこちら

<内容紹介>
あなたが最後に泣いたのは、いつだったか覚えていますか?
本書は日々の生活で疲れているあなたに、一粒の涙を届けるために作られました。
収録されているのは、(悲しいのではなく)感動して泣ける短編が12編。中には、あなた好みのストーリーが見つかるはず。
本書では「書店」にまつわる、書店内や、本にまつわるエピソードを掲載しました。
本好きな方なら、感情移入できるお話がきっとあります。

 

『会社であった泣ける話』 職場でこぼれた一筋の涙
著作者名:石田空、 一色美雨季、 金沢有倖、 神野オキナ、 鍬津ころ、 澤ノ倉クナリ、 霜月りつ、 杉背よい、 猫屋ちゃき、 溝口智子、 南潔、 456(イラスト)
書籍:792円
電子版:792円
発売日:2020年06月10日
詳細はこちら
<内容紹介>
あなたが最後に泣いたのは、いつだったか覚えていますか?
本書は日々の生活で疲れているあなたに、一粒の涙を届けるために作られました。
収録されているのは、(悲しいのではなく)感動して泣ける珠玉の短編。
あなた好みのストーリーがきっと見つかるはず。
本書では「会社」であっったことにまつわるエピソードを掲載しました。
「働く」ということについて、共感できるお話がきっとあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です